絵文字スタンプで仲間を褒めて、
毎月表彰するSlackアプリ「ホメルくん」(β版)

ホメルくんでできること

  1. 特定のスタンプ(バリューを表現した絵文字スタンプ)がついた投稿をすべて拾って、特定のチャンネル(generalやrandomなど)に転送し、掲載します
    * パブリックチャンネルに投稿された内容のみ転送します。(プライベートチャンネルの内容は転送しません)
  2. 毎月月初に、指定したスタンプをもっとも多く貰った人を指定したチャンネル上で発表します

ホメルくんを導入する効果

  1. これまでバラバラのチャンネルで生まれていた行動をひとつのチャンネルに蓄積できます
  2. そうすることで、みんなの前で「誰かのバリューを体現した行動」にスポットライトをあてることができます
  3. 毎月、もっとも「バリューを体現する行動」をした人を発表することで、さらなるバリュー促進が期待できます
  4. 行動が蓄積すると「バリューを体現する行動」の”お手本集”をつくることができます
  5. これによって、採用や評価面談時の判断材料として使えるようになります

実際の使い方はこちら

1. まずはこのサイトでAdd to Slackを選択

2. そして、登録したいワークプレイスを選択

3. そうすると、Slack内に「ホメルくん」が登場

4. /homeru コマンドで入力方法を表示

5.「ホメルくん」に拾ってほしいスタンプを選定

6. 次に「ホメルくん」が拾った投稿を転送するチャンネルを選定

(「ホメルくん」チャンネルを新設して全員をinviteをするのがオススメ。とりあえず既存チャンネルなら、randomやgeneralなどみんなが入っているチャンネルで)

7. これで設定完了

8. 選んだスタンプを押してみると

9. ご覧のように、チャンネルに自動で転送(パブリックチャンネルのコメントのみ転送します)

コメントをクリックすれば、そのコメントに飛ぶので前後のやりとりも簡単にわかります。

10. 毎月月初には、前月までに指定したスタンプを最も多く貰った1位〜3位までを発表します

()内の回数はスタンプをもらった回数

こんな使い方もできます

ホメルくんがコメントを拾うリアクション数を3個や5個などの閾値を設定したい

/homeru min 数値とコマンド入力することで、ホメルくんがコメントを転送する際の条件を、設定した数値のリアクションがあったときのみ対応するようになります。

早速「ホメルくん」を使ってみましょう🎉
Add to Slack

β版仕様について

  • 一つのコメントに複数のスタンプが押された場合でも転送は初回のスタンプが押された時のみとなっております。
  • 毎月の表彰は指定したスタンプ単位で発表します。また一つのコメントに複数人からスタンプを押された場合は、その人数も含めた、延べのスタンプをもらった数をカウントしています。